HGUC ガンダム #01

リバイブじゃない方。

オリジンザクも架橋というのに、どうしても並べたい気持ちが芽生えてしまい、旧HGUCガンダムの製作を始めてしまいました。

目指せ!マスターアーカイブ版!

今回の製作テーマは瀧川虚至氏による”マスターアーカイブ版ガンダム”を可能な限り再現する事です。勿論技術的に手を出せない場所もあるのですが、今の僕がどこまであの”素晴らしいガンダム像”を再現できるか!という一種の腕試しです。
あぁ…言ってしまった。もぅ後に引けなくなってしまった…

各部ある程度整形をしてから改修箇所をブログ記事にしようと考えておりましたが、工数が今後多くなっていくはずですので、お見苦しい途中過程かとは思いますが一度本記事にてまとめます。

頭周りの改修

接着面で約1.7mmにプラ板を挟み幅増し。マスク等、細かい形状はこれから調整予定です。

胴体の改修

マスターアーカイブ版ガンダムのイラスト(以下原稿)を参考にボディ下部の赤いブロック部を加工。分割ラインをノコにて数カ所切断、足りない部分にはプラ材を使用して形状変更。結果2mm程度胴体が伸びたかと思います。

赤ブロック下部(腰の底面)に多少角度が付くようにくさび形にするかどうかを検討中です。

腕周りの改修

肩アーマーの天面部に1.2mmプラ板を貼り付け。上腕を肩との接続部で0.5mm延長。前腕を1.2mm延長。平手はHGストライクフリーダムより拝借。

原稿を参考に特徴的な長さの肘関節、手首周りの形状変更を検討中です。

スカート周りの改修

ふんどしを真ん中で分割後、1.2mmプラ板を挟み横に幅増し。フロントアーマーを縦に2mm程度延長。サイドアーマー1.2mm下部にて程度延長

形状変更の前準備としてプラ板を貼っている状態ですので、ここから作り込みに入ります。

太もも周りの改修

長さとしては軸の位置調整も合わせて、6mm〜7mm程度延長。形状も各種パテで変更。可動はほぼしません。固定化万歳。

ザッと形状を出してしかいないので、ここから面構成詰めていきます。

スネ~足首周りの改修

スネの下にプラ板1.2mm貼り付け。足首軸を1.2mm程オフセット出来るように加工。

スネを切断して延長しなかった理由は、少しでもスネの終わりの横幅が広がるようにと言った狙いがあります。原稿を追うとなるとそもそも大胆な形状変更が必要ですが、、、加工に手を出すかどうかは技術面の問題により検討中です。

また、アンクルアーマーの縦幅、角度やスリッパの形状は工夫していきたいところです。

絵を追う楽しさ、恐ろしさ。

原稿の再現。というテーマでプロポーション変更を今まであまりしてこなかったので、今回のファーストガンダムは弄っていてとても楽しい反面、「はたしてこれは寄っているのか?」という恐ろしさも同時にあります。

また、上記各部改修箇所の文章の通りにどの部位も暫定的なものなので、まだまだ調整していく予定です。…またいつまでかかることやら…

それでは皆様も楽しい模型ライフを!