HGCC ∀ガンダム #02

少し弄ります。

各部後ハメ等の下準備は全て前回までに(前記事リンク)終えましたので、今回はほんの少し間接部の調整やディテールアップ工作を行います。

間接部の調整

首関節の延長

首パーツを1mm程延長。それに伴い、元々PC素材だった部分はジャンクパーツのプラ素材に置き換え。補強として真鍮線を通しております。

股間接軸の調整

股の軸にそれぞれ1mm弱ほどの自作リング(コトブキヤの○モールドを加工)を噛ませてそれぞれ外側に1mm太ももをオフセット出来るように調整。
*合わせて軸自体も1mm程伸ばしています。

…両方とも大変素晴らしい模型を制作している諸先輩のアイディアを拝借致しました。細かい調整ですが抜群の効果です。脱帽でございます。

エッジのフォローとディテールアップ

エッジのツンツン化工作

各部、バンダイの安全基準の都合上?エッジに”きりかけ”が見られます。かけてる部分にパーツと同色のランナータグを接着力が売りのMr.セメントSPを使用して貼り付け。乾燥後不要な部分を削り込んでエッジを尖らせます。

ターンエーの美しさの象徴でもある肩と胸の弧を描くようなラインを綺麗に繋げるべく肩の先端部を修正。

思いのほか気になる足の先端部も勿論修正。

*多少隙間が出来てしまった部分は表面処理のタイミングでシアノン(瞬間接着剤)を補填し調整をする予定です。

装甲裏のディテールアップ




0.3mmプラ板を貼り付けて装甲裏のディテールアップ処理。

見えづらい部分なので、少しくどいというか大げさにしてみました。イメージしたのは昆虫の羽とAの字です。見えづらい部分なのに今作の魅せ場です(矛盾)

今回装甲裏のディテールアップ工作について僕なりの方法を別記事にまとめましたので、もし宜しければ合わせてご覧下さい。

足裏の肉抜き穴のフォロー

ディテールと解釈できなくもない程度の肉抜き穴ですが、上記の様に修正。モールドの形状を考えると完全に埋めるとなると処理が面倒(というより僕はこの部分の精度を出す自信が無い)なので、エバーグリーンのスリット入りプラ板を肉抜き穴と同じような形にカットして差し込み。

ライフルのディテールアップ

銃口が抜きの都合で開いていないのでカットしてアップデート。また、前回記事で書き忘れておりましたが、グリップはCカットにて後ハメ加工をしています。

工作終了、よしなに。

各部細かい調整程度とはなりましたが、これにてキットの改修は全て完了。

ニードルやスジボリカーバイト等を使用して塗装時にスミが綺麗に流れるよう、各部モールドの彫り直し作業後、表面処理を行いたいと思います。

表面処理は普段のつや消し仕上げであれば、キズの調子を見ながら600番までのペーパー処理でフィニッシュとしているのですが、今回は極力滑らかな表面を目指すべく、800番まで各パーツの表面処理を行う予定です。

*一番大切な工作であろう、ヒゲのシャープ化ですが、ともかく破損が怖いので塗装直前まで我慢です。

キット購入から約2週間でここまで来ました。”お手軽にサクサク進めるプラモデル制作”…めちゃくちゃ楽しいですね。ちょっとハマってしまいそうです:-)

それでは皆様も楽しい模型ライフを!

定規も使わない。装甲裏等のディテール表現

極力簡単に

「ディテールアップ」ガンプラを始めとしてプラモデルを制作する上で頻繁に聞く言葉ですよね。今回は主に覗いて見なければ見えない様な部分、装甲裏等のディテール表現に対して、僕が普段している工作方法をこの記事にまとめたいと思います。

1.ディテールのデザインを考える。

まずは、どういったディテールを追加するのかデザインを考えます。

直接パーツにシャーペン等を使って書き込むのも良いと思いますが、僕はデザインのやり直しや微調整のしやすさから、ディテールを入れるパーツの面を撮影し、PCに取り込んだ後”Adobe illustrator”というPCアプリを使用してデザインを考える事が多いです。

そもそものデザインをどうすれば良いのか?という所に関しては、正直好みだったり慣れがある部分かと思いますのでここでは割愛しますが、好きな作品のディテールを参考にするのが一番手っ取り早いと思います。

2.ディテールを入れる部分の大きさを測る。

測ると言っても、極力簡単に進めたいので定規等の数字には頼らない方法をとります。

上記画像のようにマスキングテープ(以下マステ)をパーツ裏面に貼り付けます。逆エッジ(キワ)の部分を爪楊枝等でなぞる(擦る)と境目がはっきりしますので、そこを目安にシャーペンなどでマステに線を書き込みます。

3.マステをプラ板に貼り付けて整形する。

先ほど線を書いたマステをプラ板に貼り付けます。

サイズや狙っているディテール表現によってプラ板の厚さは変わってくるかと思いますが、僕は大抵1/144、1/100に関わらず0.3mmプラ板を使用しています。

マステに書いた線を頼りに”ハサミ”でほんの少し大きめにプラ板をカット。何故ハサミなのか?答えは簡単、一番手間無く簡単にプラ板を切れるからです。

とはいえ普通のハサミでプラ板をカットすると断面が少し潰れますので、大きめにカットした余白分の調整と合わせて断面を600番の紙ヤスリでならします。

今回のように左右で2つディテールのパーツを作らなければいけない場合は、ハサミでパーツをカットした後、両面テープを用いてプラ板を2枚重ねた状態でパーツの整形を行うと、ほぼ同じ形のディテールパーツを1回の作業で作成出来ます。

4.マステを剥がしパーツをカット

考えたディテールのデザインを切り出したプラ板にシャーペンで書き込みます。

この程度のレイアウトであればフリーハンドの書き込みで十分だと思います。

ざっくりとデザインナイフ等でカットします。

デザインナイフの刃の長さでパーツ切り出しが可能な場合、定規などを使わず上からブツっと押し切りが出来るかと思います。

仮にプラ板の面積が広い、考えたディテールデザインの都合で1回の押し切りで対応出来ない場面でも僕は切り足し切り足しで定規は使わないんですがね…(面倒くさがり。)

*左右のシンメトリーを出したいので上記に記載したようにこの段階でもパーツは両面テープにて2枚貼り付けた状態でカットしています。

5.パーツの貼り付け

ナイフで切り出したパーツを貼り付けます。

この際貼り付けてから多少動かせるという面から接着剤はタミヤセメント白蓋を使用するのが好みです。ただし、接着剤の量が多すぎるとパーツからはみ出してしまい仕上がりに影響するので、極力少なめに接着剤を着けるように気をつけると良いと思います。

大まかなディテールパーツを貼り付けた後、更なる凸モールドや、スジボリ等を心ゆくまで追加します。…流石にスジボリするときはガイドテープや場合によって定規を使います。(タイトル詐欺)

おわりに。

見える場所にディテールを追加するならともかく、今回のようにほぼ見えない部分に追加する分には測る作業を省きつつ、自分だけのカッコいいディテールを追加することが出来るかと思います。あぁ…それにしてものぞき込まないと見えないって素晴らしい。

HGCC ∀ガンダム #01

ターンエーの風が吹く…

現在作成しているガンダムやザク等の切ったり貼ったり、パテを盛ったりといった工作を続けていくと暫くの間プラモデルを完成させられそうにもないと思い、気軽に楽しめそうなHGCC ∀ガンダムを購入してしまいました。

ユニバァス!!ユニバァァァス!!

あぁ…抜群にカッコいい…そもそも気軽に楽しみたい=出来が良いキットというのに加えて、僕自身特に拘りが無いキャラクターと言う事が今回は一番大切でした。

いや、拘りが無いと言うのは語弊を招くかもしれません。∀ガンダムに関しては、下手に手を出せない、出してはいけない。僕にとってある意味で最上級の拘りがあるキャラクターなのかもしれません。

人が…安心して眠るためには…

何はともあれ基本工作を大切に。気軽にたっぷりとこのキットを楽しみたいと思います。

また、この記事を書いている2019年のGWは奇跡の10連休と言うこともあり、GW完了までに作りきる。という強い意志をもって制作にあたります。

各部後ハメ工作等

頭の後ハメ

顔の形状上、簡単なダボのCカット等の作業のみでは、後ハメ対応が出来ないので少し工数が多くはなります。 まず、ヘルメット下部の不要なダボやピンをニッパーやナイフを使用して切除します。

続いて、目と顎部のパーツですが、サイドの出っ張りをカットします。念のため目の上のピンも気持ち短めにしておきます。(もしかしたらしなくても良かったかも知れません。)

最後に、BJ受けの逆Uの字の部分をを根元からカット。カットしたBJ受けは塗装後に接着する予定なので、断面が綺麗になるようにエッチングソーを使用してカットしました。

胴体の合わせ目の処理


合わせ目を消すか迷ったのですが、ここは段落ちモールドとして処理します。上記画像のようにパーツに挟んだプラ板をガイドとしてニードルで罫書いたのち、好みの太さのスジボリーカーバイトを使用して▽から凹上にラインを調整してあげると綺麗に見えるようになると思います。

腕と足周りの後ハメ


ここは特に問題無く必要に応じてダボをCカット、ピンや干渉部分の削り込みで対応します。

よしなに

基本工作は終了。ここから主に装甲裏等の簡単なディテールアップ工作とほんの少しだけ間接軸の調整を行う予定です。(手を出せないとはなんだったのか?笑)

それでは皆様も楽しい模型ライフを!