MG F91 ver2.0 #01 “制作開始”

久しぶりのマスターグレード。

かれこれ15〜16年ぶり?にマスターグレード(以下MG)キットの制作を始めます。あ。でも何年か前にガンプラくじで作ったコアファイターもMGだった…けどあればノーカンということにしておこう。そしてお姉さんに意味はありません。 でも嬉しいでしょ?

MGの制作は面倒?

僕は基本的に1/144サイズを好んで模型遊びを続けてきました。パーツの形状を大幅に変えたりといった、プロポーション変更の工作が何よりも楽しかったからです。

そういった工作はフレームパーツが無い方が都合が良かったのと、塗装があまり好きでは無かった当時の僕としてはパーツ数が多いMGは面倒というか億劫に思っていたことを覚えています。まぁ正直今この瞬間も面倒ではあるのですが…

それから時を経て…

そんな模型小僧が10数年ぶりに模型復帰をして早3年。工作が楽しい事は変わらずでしたがそれ以上に“塗装も含めて綺麗に(精度を高く)仕上げる”事に楽しさを感じるようになっていました。まぁここ最近は汚し仕上げが続きましたが。

精度を出すという目的ならば単純に作るものが“大>小”の方が僕にとって幸せな模型作りをより深く堪能することが出来るのでは!?という結論に達し、今回MG F91ver2.0の制作に舵を切ったわけです。

*では何故小型MSのF91なの?とお思いのアナタ! そりゃ僕はガンダムの中で一番F91が好きだからですよ!あ。でもターンエーとか、ゴッドガンダムも、ウイングガンダムも一番好きだな。(何言ってんだ?)

そんなわけで仮組完了。

と。例の如く余計な話が長くなりましたが仮組まで完了しました。流石に比較的新しいMGだけ有って驚きの連続で、もともと仮組作業に苦痛を感じるタイプだったのですが全然楽しむ事が出来ました。あ。そうそう。ハンドパーツのみコトブキヤの製品に差し替えています。良いですね。これ。

スタイリングも冗談抜きで文句なしの格好いいF91ですね。「ひゃー!おらぁ、おでれーたっぞぉ!セェシリィー!」と僕の中のサイヤ人もすっかり上機嫌です。

現段階の工作検討箇所

  • マスクのイケメン化。
  • 首延長。
  • 腰延長。
  • 太もも延長に合わせたボリュームアップ。

とはいえ何日か机の上で仮組をしたF91を眺めているとも多少気になるポイントも出てきます。上記のリスト通り好みで少しだけ弄ろうとは思いますが基本工作を大切にサクッと行きたい思います。サクッと(きっとそうならないので2回言っておきます。)

仮組みに関して、もし宜しければこちらも合わせてご覧下さい。>>仮組のススメ “少年時のゴールがスタートになった話”

だがしかし。

なんですけどね。この記事を書いている時点からおそらく1ヶ月程後には生まれて初めてのRG(リアルグレード)。RG νガンダム HWS仕様が手元に届く予定となっており、そのタイミングでF91を中断してνガンダムの制作を進めたいと思っております。

いやだって、RGνガンダムは発表があった時点で、「HWS仕様」出たらすぐ作るぞ!と宣言してましたから。それに僕。νガンダムが一番好きなガンダムですからね。(何いってんだこいつ。)

それでは皆様も楽しい模型ライフを!

↓宜しければこの記事をご自身のTwitterにて広めて頂けませんでしょうか?記事の感想等を添えてtweet頂ければ尚更嬉しく思います。何卒よろしくお願い致します。

HGOG ザクⅡ #07 総仕上げ

ここから仕上げていこう!

さて。いよいよ今回の記事でフィナーレを迎えます。

この記事では上記画像の一度仕上げた状態から、求めていた仕上がりを追った課程を記載します。現状を文字に起こしてみると…

  • ラッカー塗料で全塗装済み(デカールは一切貼っていない。)
  • エナメルカラー、タミヤウェザリングマスターでウォッシング等の汚し塗装済み
  • つや消しクリアー散布済み

といった状況で汚し仕上げの模型(ガンプラ)としては一応完結していると思います。なのでどちらかと言えば仕上げというよりかはリテイク?仕上げ直し。といった方が適切かも知れません。

デカールを貼る。

シルバリング防止の観点から水転写デカール(以下デカール)を貼り付ける際には、パーツが“平坦=艶あり”状態で貼るのが好ましいのは周知の事実ですよね。

僕もこれまで色塗り後に粛々とクリア塗料を吹き、パーツの表面を整えた後でデカール貼りの作業をしていたのですが面倒くさがりの僕は「マークセッターとかソフター使ったら”でこぼこ(つや消し)塗面”でも行けるんじゃねーか?」と予てより思っていました。

そもそも何故つや消し面にデカールを貼るとシルバリングしやすいのか?というのはググって頂いた方が早いし丁寧な解説が多いので詳細は割愛しますが、要はデカールがしっかりと“ふにゃふにゃ柔らかく”なれば、デコボコ面にも”追従して空気”入らないだろ!きっと!!という風に思ったわけです。

実際につや消し面にデカールを貼ってみた

結論から言うと全然イケちゃいました。何ならコーション等小さい物に関してはソフターを使うまでも無く、セッターを貼り付けたい場所にトプっと乗せてデカールをポチャンと落として、1分程度そのまま浮かせておいて気持ちシワーンとなったタイミングで圧着させればそれだけで全然オッケー。(とてつもなく頭が悪そう。)

唯一コツがあるとすれば、圧着前に余分なセッターを綿棒等を使って水分を吸収した後、優しく圧着させる位ですね。そうすると狙った位置にビタッと配置しやすいと思います。

大判デカールに関して

対してエンブレム等の大きめのデカールに関しては、流石に上記方法と合わせてソフターを散布した状態で貼り付けただけではシルバリングが発生してしまいました。

これはつや消し面に限ってのリカバー方ではありませんが、オーソドックスにデカールにナイフ等でプツプツと穴を開けてソフターを塗りつけてしばし放置の上、これまた極めて優しく濡らした綿棒でコロリコロリ…と馴染ませてあげることでシルバリングを解消することが出来ます。

このリカバリーはデカールに切り込みを入れるのでは無く穴を開けるようにしてください。切り込みを入れると高確率でソフターを塗る段階、もしくはコロリコロリ…の作業の段階でデカールがばらけます。また、穴の間隔が狭すぎても同様の状況になりえますのでほどほどにプツプツしましょう。…今回僕は穴開けすぎて少しデカールバラしました(笑) ウェザリング仕上げで無ければ即死だった…

結論今後はつや消し面も気にせずにデカールを…

多分貼りません(デーン!) 上で散々イケる!と記しておいて何ですが基本的には光沢面の上からデカールを貼る方が仕上がり良いと思いますし、何よりつや消し面相手だとデカールの滑りが悪く、位置決めがちょっと面倒でした。なので今後も粛々と色塗り後にはクリアーを吹いて生きていくことでしょう…んー。でもウェザリング仕上げの場合は半光沢塗料位ならクリアー省いても良いかな?

一旦つや消し~暗部の調整。

上記の状態からデカールの段差を緩和するためデカール付近にラッカークリアーを塗装。後に続くウォッシングの足付けとすべく、クレオス フラットベースあらめ・ラフをススス(クレオス ーパームークリアー)に混ぜた物を使って塗面を再びガサっとさせます。この段階でかなりデカールの段差が気にならなくなりました(完全では無いけど)

コート後、各部影になりそうな所、モールド付近やエッジ部に追加で黒を入れました。この後の行程で塗装の質感というか色の変化を付けたいと思ったのでここではきつめに黒を挿しています。ボソボソドロドロ。

もぅなんだかんだ重ねていく。

ここからは各種、模型汚し用品(タミヤエナメルだったり、クレオスのウェザリングカラー、鉛筆の粉等)を駆使してシャドーだったり、ハイライトだったり、チッピングなり何なりを、ほとばしる熱いパトスを持ってぶち込んでいきます。このへんの作業は完全に行き当たりばったりでして、上手く言語化出来そうもありません。ともかく昨年のうっぷんを存分に晴らしました。

追加で光が”当たりそう”な場所にイエローを置いたり…

再びガサゴソっとつや消しを吹いてみたり…

白で更にハイライトを書き込んでみたり…

小豆色部(ボディ)には重さを演出するべく、微妙に色合いが違うエナメル塗料をポンポンたたき付けたり…

塗装剥げ、小傷的な感じを狙いスポンジやら筆でちょいちょいっと…

えいや!とシルバーでドライブラシを施してみたり…

ガルマと合流から多少は地上の作戦に使用された事を想定して足回りのみでほんのり土汚れ要素も追加…

トドメに雨垂れ?オイル漏れ?も書き込みます。しかし、ここ一番上手く行かなかったし、どうすりゃええのかちょっと想像付かなかったので少しで止めました。今後の課題。

これにて、本当に完成ッ!

もちろん計画性が一切無いもんで失敗が恐ろしい…という気持ちもありましたが前回記事で記載したように、わりとこの仕上げの作業時は「やりたい事やった結果、しくじったらそれはそれで良いや。」と素直に思えるようになっておりましたのでもぅ恐れること無く、無心でガンガンと進めてしまいました。遂に終わったんです。終わったんですよ。このザクII。

おわりに。

ここから3年…遂に完成となりました。立たせ方もキモいし、撮り方もキモい。更には肩関節逆に付いてるやんけ。

工作〜塗装〜完成までの各セッションにて随分と寝かせましたが、その分やりたい事をゆっくり詰め込めた模型となりました。

前作HGUC 陸戦型GMからウェザリング仕上げが続きましたが、楽しさを発見したり、まだまだ上手いこと行かなかった部分も随分見えてきましたので次回ウェザリング仕上げで何かを作る際には、今回の経験と課題となる部分を思い出して作りたいですね。

近日中にカメラでしっかり撮影してアップしたいと思います。

それでは皆様も楽しい模型ライフを!

HGOG ザクⅡ #06 仕上げの前に

制作期間、足かけ3年。

さて。前回オリジンザク#05の記事をアップしたのが2019年の9月だったので実に9ヶ月ぶりの記事更新です。幼少期、近所のスーパーに売ってあった“元祖SDガンダムワールド νガンダム”を死んだばっちゃんに買って貰ってから、僕の模型遊びは始まった訳ですが、一つの模型をこんなにも長く仕上げきらなかったのは初めての体験です。

【ご注意】本記事は制作が進みません。おセンチなお気持ち表明記事です。

一度”仕上げてしまった”もの…

このザクは僕が高校卒業以来キッパリ止めていた模型をおおよそ10年ぶりに再開させてくれたガンプラです。また大変ありがたい事にこのザクの制作過程をTwitterにアップするたびに沢山の友人と出会う事ができました。

そんな中で色々ありつつ、2019年オラザク選手権にエントリーする事を(それまでに完成させることを)目標に制作していたわけですが、自身のスケジュール管理が非常に甘く、塗装〜仕上げの段階にかけて徐々に締め切りに終われ、最後には半ばやけくそ気味に”仕上げてしまった”のです。

楽しいの果てが重荷へ。

「果たしてこのままで良いのか?」と思いつつも、オラザクエントリーを一応なりにも済ませてしまった僕は満足感も感じてしまい(そもそもエントリー後は数ヶ月模型を一切やらない日々が続いた訳ですが)このザクをまた長いことしまい込んでしまいました。更に言えば、思い出に溢れるこのザクがある一定の時期からまさかの重荷にまでなるという怪現象にも襲われます。

今がその時だ。

しかしそんな中僕に転機が訪れます。

前作、HGUC陸戦型GMを制作した際にウェザリング仕上げに対して少なからずの手応えを感じたのと同時に「まだやれる。もっとこうしたい。」という制作の欲が残りました。

この欲は「今すぐ僕が格好いい!と思える姿に仕上げてやる!」と超音速でザクへと向かいました。やらきゃなぁ…という重荷からやりたいへと180度方向転回です。

これ間違いなく“今がその時だ!!!”

*林先生っぽいなぁ。って思った貴方。早くオープンゲットしてください

真!!”チェンジ”

また、ここから先は当初仲間内にだけにポロッと白状して置くに留めようと思っていた事ですが、何というか僕の模型生活の良い区切りになりそうなので残しておきたいと思います。

僕は模型復帰と同時にTwitter(とブログ)を始めました。次第にTwitterの気軽さや友人との交流に楽しさを覚えつつ、ぼんやりと目標が出来ました。それは自分が好きなよーに作った模型で1,000いいねを獲得することです。

先日この目標をようやく達成することが出来ましてありがたい限りなのですが、好きなように作っているつもりでいて想像以上にこの“いいね”に捕らわれていた事にも同時に気がつきました。この目標設定が知らぬ間に自分を悩ませる”怪物”となっていたんですね。

なんやかんやで“自分で招いた怪物”をやっつけた今、気軽に自分のしたい模型遊びが出来るようになったと感じています。これはただの独白ですので、「こうしたらいいよ」と人様にお説教をする気は毛頭無いのでご容赦頂きたいのですが、余計な事を考えずとも模型は十分楽しいのだ。

…っーかある意味でこのザクの進みの悪さはこの怪物との戦いの課程だったのかもなぁ(笑) あ。今はデカールチマチマ貼ってます。

それでは皆様も楽しい模型ライフを!

HGUC 陸戦型ジム #07 基本塗装

ウェザリングの前準備。

はい。もはや何のことやらですがあくまで#目指せ一週間モデリングの4日目〜5日目作業です。

色塗りの作業をする際、実際の調色(塗料の決定)前に上記画像のようにカラーチャートを作成しています。これはあくまでイメージというか候補になる色を並べてみてどんな感じになるか。自分は今回どう塗るのか?という確認程度の感覚です。

さて。今回の陸戦型ジムはウェザリング塗装を施す予定ですので、前準備としての基本塗装を今回の記事では取り上げていきます。

さっそく余談。色のあれこれについて。

皆さんは普段どのようにプラモデルの色を決めていますか?

基本的に設定色で塗る場面が多いと思うので配色に迷う事は少ないかもしれませんが、もしプラモデルをきっかけに“色の選択、考え方”を学びたい。という方は、各種カラーコーディネーター系の”初級クラス”のテキストを読んでみるのが手っ取り早いかと思います。

普通に生活する(模型の色を考える)分には上位の級(1級各種や2級等)は非常に専門性が高くなり、ほとんどクソの役にも立ちませんので、初級で十分です。

更に言えば初級相当のテキスト前半~中盤(…たしかそうだったと思う)にある“色相環とトーンの項目だけ”抑えておけば色の見え方、使い方が全然違ってくるかと思います。

学ぶ事により具体的にどう変わるか」と問われると、その人が持っている感覚(所謂センス)にも左右される部分があるので一概には言えませんが、正しいとされる知識を得る事により「この色がメインカラーだとすれば、ここのサブカラーにはこんな系統の色が映えるはずだ。その二点を踏まえて差し色に関してはこの色を選択する事がベターだ。」といった理屈を元に色を選択出来る力が身につきます。

最終的な配色の出来高は勿論の事、「これで良いのかな?」と”闇雲に迷う“時間は激減するのではないでしょうか?自分の考えでは無く、「資格にもなっている確固たる指標に沿った理屈を模したものだ。」とあくまでポジティブに何も考えず、正しいとされる色を追えるというのは模型制作においても強力な武器(アドバンテージ)に十分なりえると僕は思っています。

興味が湧いた。という人向けにもう一つ実用的なお話を書いておきます。各種検定元は良い顔をしないでしょうが、今回は資格を取る事がゴールでは無いので、一昔前のテキストを読んでも得られる知識は特段変わりません。古いテキストが安く売ってたらそっちを買いましょう。多少の改変はあるにしても根本部分(大切な所)には大差がありませんのでご安心あれ。(間違って問題集を買わないようにだけ注意です。)

何はともあれサフを吹く。

前回までの表面処理が済んだパーツを洗浄後サフを吹きます。サフは塗面のサラサラ具合と隠蔽力のバランスが良いクレオス mr.サーフェイサー1200を好んで使用しています。

また、下記にて解説しますがボディ等のオレンジ部にはガイアノーツ サーフェイサーエヴォ オキサイドレッドをベースにした物を散布しました。

オレンジ部 白立ち上げ塗装。

01.下地塗装。

オレンジ部は陰影を付けたグラデーション塗装をしていきます。

まずはガイアノーツ サーフェイサー エヴォ オキサイドレッドに少量黒を足した濃い赤茶色をべた塗りします。

白立ち上げ塗装に関してはベースグレー(限りなく黒に近い色)を下地に使う事が多いと思いますが、上に塗る色によっては黒から色を立ち上げた際に、色の境目がキツくなりすぎる印象があるので今回はこの色(濃い赤茶)を下地としてチョイスしました。

もちろんベースグレーから上手くまとめる人は凄くかっこよくまとめてらっしゃいますが、少しだけでも上塗りする色と同等の色相、彩度が残った色を下地に使うと、あからさまな失敗は随分避けられると思います。

02.陰影を付ける。

次にベース地に白を吹きます。具体的な作業としてはエッジやモールドを避けながら何度か白を重ね吹きしました。

そうそう。今まで何から何まで0.3mm口径のハンドピースを使用して塗装をしておりましたが、今回0.2mm口径のハンドピースを導入してみました。 やはり圧倒的に細吹きしやすかったです。144サイズの陰影の書き込みも簡単にできちゃいました。もっと早く買えば良かったなぁ…

ところがぎっちょん。01で触れた、色の境目がキツくなる事にビビって逆に陰影をぼかし過ぎちゃいました。細吹き出来た意味が無いやんけ。

03.本塗装。(オレンジを塗る)

最後に陰影を付けたパーツの上からオレンジを吹いていきます。当初は下地の陰影のみを利用して、均一にオレンジを乗せてグラデ面を作ろうと思っていたのですが、上記の通りメリハリのある陰影を感じる塗面を作る事が出来なかったので、今回はベースのオレンジを散布後、明るい(白を足した)オレンジを面の中心部にのみに置いてくる手法をとりました。

こうなるとあまり白立ち上げ風の下地を作った意味が無いような気もしますが… ま、まぁ、それなりに狙い通りのグラデーション塗面を作れたので、結果オーライとしておきましょう。

グラデーション塗装の余談。

グラデーション塗装で色を少しずつ色を立ち上げる際には、下地が多少透ける程度に色乗り(発色)が収まるってくれた方が都合が良い場合もあります。しかし、それを狙って単純に塗料を薄めすぎると吹き付けのコントロールが困難になってくるので、僕はクリアー塗料を粘度調整として塗料に加えて塗っています。上記03の行程でもベースのオレンジにはクリアを混ぜて透明度を調整し、下地の透け感をコントロールしています。自分の吹きやすい濃度を維持しつつ透明度も調整出来るので覚えておくと便利です。

ホワイト部 グラデーション塗装。

キットの説明書を見る限り、限りなく白に近いベージュが指定色となりますが、好みを優先して、ベージュ寄りの白に仕上げるべくサフを塗装後にまずタンをべた塗りしました。

そこから隠蔽性能がすこぶる悪いことで有名なクレオス1番ホワイトをベースに調色した、暖色寄りの白を用意。オレンジ部に引き続き”汚し映え”を狙って陰影を付けるべく、面の中心部に重ねるように吹いてみました。

また、パーツが分かれた状態でグラデーション塗装をすると、組んだ際に陰影の具合がチグハグになる率が跳ね上がるので、この段階で組めるパーツは極力組んだ状態で塗装しております。(腕やら脚やら)

クレオス1番ホワイトを小馬鹿にしましたが、グラデーション塗装等、透かし感を出したい時にはこの隠蔽力のなさがメリットになります。“隠蔽力が無い”塗料にもまだまだ使い道はあるのです。…(上記で書いたようにクリアーでも調整出来ますけどね)

ちなみに逆に白を一発(数発)で発色させたいのであれば、同メーカー GXカラーシリーズ クールホワイトがお勧めです。ドン引きするレベルの隠蔽性能を持っている凄い白です。今までスーパー隠蔽力番長と思っていた、フィニッシャーズ ファンデーションホワイトと同等…いや超えてるんじゃないかな? だいぶ寒色に振ったホワイトなのでケースバイケースで今後もフィニと使い分けたいとは思いますけどホントに驚きの性能ですよ。

間接色の塗装

今回の基本塗装の目玉その1というか、出来映えに関わってくると踏んでいるのがこの間接色だと思いました。色相環上で赤よりのオレンジの補色(反対色)にあたる青緑味を強めたグレーを採用。

また本体色のベージュ、ボディとスリッパのオレンジはそれぞれ膨張色となっておりますので、メリハリが付くように彩度がギリギリ分かる程度の明度に調整した暗めの間接色を採用しました。

武器の塗装

今回の目玉その2。間接色とは別に純正武器(100mmmマシンガン、ロケットランチャー)は今回久々にメタリックカラーを使って質感の差別化を図ろうと思い、良い塗料は無いかと探していたのですが、クレオス グラファイトブラックが非常に良さげな印象!

…しかしこの塗料限定色で現在生産していない模様。(死ーん)

ざんねんだなぁ…と思っていた所kaine(かいん)さん(@kaine_mc)から…

「この塗料使ってみてください。とても良い仕事しますよ。」とグラファイトブラック同様、おすすめのメタリックな黒の塗料をお譲り頂きました!(大感謝)

調べてみるとお裾分け頂いたこの塗料は、、車両用の塗料ながらプラモデルでも一定の層から大変な支持を得ていたようです。こ、こんなに嬉しい事は無い。カインさん本当にありがとうございました!

実際使ってみるとメタリックの粒子がきめ細かく大変上品なメタル感かつ、黒は黒なんですがギリギリ黒つぶれしないグレー感が凄く良い!!とても素晴らしい塗料でした。

…しかし。こちらの塗料も現在は絶盤の模様。…大事に使おっと!

*記事の順番が前後しますが、実は当初”クレオス グラファイトブラックが手に入らん“と何気なくTwitterで呟いた際にわざわざご親切にご連絡を頂き、更にはご好意で自作デカールまで印刷して頂ける事になりました。(前回記事参照)時期になったらリンゴ送ります(青森県民 2回目)

その他の武装

また、ネットランチャーの色指定が緑寄りのグレーとなっておりましたので、各種武器とは色を変えてみました。

凄く迷ったのですが今回変化球として持ってきたガンキャノンライフルとガンダムのシールドに関しては”、持ってきた“感を出したかったので、シールドは純正?そのままの色で塗装。オデッサ作戦時にその辺にあった装備余り(未使用もしくは状態が良いシールド)をイメージしてここはべた塗り、綺麗目塗装です。

ガンキャノンライフルに関しては整形色の緑青がかかったグレーが非常に好みだったのでそこを、目指して調色した色を使用してみました。間接色と近い色になりましたが、少しだけライフルの方の明度が高くなるように調整しました。

4〜5日目 基本塗装終了

さて。ここまで基本塗装が完了しました。
本当はこの記事内にてデカール貼りの作業にも触れようと思いましたが、記事が長くなってしまいましたので、次回はデカール貼りの記事を書こうかな?

もちろんこの4〜5日を使ってデカール貼りまでは終了してますよ:-) 時間厳守です(???)



すっとこどっい。

このまま何事も無く記事を締めようと思いましたが、言っておかなければいけないことがあります。

基本塗装、実質作業日数だけで10日以上かかりました。もはや6日目〜7日目どころか作業日数でも30日位は余裕で掛かってます。(今更だけど)

あと、デカールも終わったよ。と書きましたが嘘つきました。これから貼ります(白目)

…それでは、皆様も楽しい模型ライフを!

#ずをコンR エントリーしました。

今まで散々書いてきましたが、既に1週間でも何でも無く途方に暮れていたところ、開催の趣旨に共感したこと、またコンペのレギュレーションに耐え揺る物でしたのでエントリーをさせて頂きました。俄然張り切って作っていきます。