HGUC ザクⅡ #03

僕が好きな”ザク”はこんなザク。

前回の投稿時から大きく改修している部分はありませんが、各部エッジ調整等の整面や、パネルラインの甘い部分の掘り直し、スジ彫りを追加等の所謂仕上げ作業もがほぼ完了しました。

関節部等、なかなか見えない部分に大げさにディティールを。

どうせ黒orグレーにで塗ってしまう予定の関節部や、背面、覗き込まないとなかなか目に入らない部分にゴチャゴチャとしたディテールを組むのが好きなので、好き勝手やっています。膝関節裏、ランドセルバーニア部等…

パーツ、ポリパテ、プラ板 異種素材頂上決戦。

サイドスカート延長工作なのですが、無計画にプラ板とポリパテを使用して延長工作をしました。その結果異種素材をまたぐ形で、太めのスジ彫りを掘る事に…大変苦労しました。筋彫り後、溶きパテを塗って繰り返し、仕上げるという方法で何とか問題解決しました。

武器にも特別なこだわり…は今回特にないです。

普通です。合わせ目消すとこ消して、掘るとこ堀り直して、処理しづらい所は凸モールドにしてってくらいです。スコープ部にはHアイズみたいなのは仕込みたいと思います。

さて、前回記事から加工した場所を覚えている限りで…

  • ランドセル内部バーニア部新造。
  • 膝裏関節ディテールアップ
  • 二の腕加工しましたが、元パーツに戻す。
  • 各部甘めのモールド彫り直し
  • 数箇所スジ彫り追加(脇下、サイドスカート横等)
  • 各部整面作業(ステサフ後 320〜600番までの整面処理済)

以上。だいたいこのような感じかと思います。というか前回記事から4ヶ月も時間立っていることに驚きです。時たつの早すぎる。そして予定している残作業は…

  • C面調整(仕上げの整面)
  • 本サフ→塗装。

となっております。いよいよもって終盤です。ここ迄はやらないと駄目なことを自分なりにやってきましたので、最後まで丁寧に楽しんで仕上げていきたいと思います。

それでは皆様も楽しい模型ライフを!

HGUC ザクⅡ #02

塗装の練習台…だったモノ

あくまでもオリジンザクⅡの塗装の練習台でスタートしたHGUCザク。下手したらそのオリジンザクよりも長いこと弄っているような…

定番のアンクルガード?角度変更

MGやRG等の上位版では大抵アンクルガード?が稼働して、スネとのスリッパのラインを繋いでくれるのですがHGUCザク2では真っ直ぐ付いてますので角度を調整。あと…確か1mm弱アンクルアーマー詰めたと思います。

股間部の作りをアニメ版ザク2と同じようなラインに加工

太ももの改修をするとどうもこのパーツに違和感が出てきたので、アニメ版ザク2のイラストを参考に、股間アーマーと、足関節の支柱?を一体化している形に変えてみました。

更に太ましく!!

前回加工時に比べて更に太ももを大型化。(写真はもちろん途中。)

スパイク新造。

プラ棒をつまむ指がちぎれるかと思いました。好みでスパイク部をおにぎり型にスパイクアーマーは小さめのザクが好みなため削り込みとフチ部分をカット。合わせておにぎり型のスパイクが好みだったので、プラ材から作りました。このザクで一番大変でした。

関節から前腕部も太ましく…

関節部〜前腕部にかけて、パテを盛ったりプラ板でかさ増し。太ももに合わせて、筋肉質なイメージになったかと思います。

楽しいけど苦手なディテールアップ(接続軸の新造)

キットの軸1本、BJ接続ではあまりにも色気がないので、プラ材を使用して、シールドと肩パーツの間の部分を適当に作成。殆ど見えなくなるので、うるさめに。

スリットの横幅を狭く。鼻と口の修正

twitterで見かけた加工方法でしたが、スリットの立て幅では無く、横幅を縮めたHGUCザクがとてもカッコよかったので真似をしました。また、鼻部のボリュームが欲しかったのでその辺りも修正。

あおり写真が好きなんですがたまには俯瞰で…

以下、重複箇所もありますが覚えている限りで前回記事以降の改修を頭から文章にて…

  • スリット部横幅を2〜3mm詰め
  • 排気ダクト部 若干形状変更
  • 肩ブロック内側に1mm、天板1mmプラ板で大型化
  • 肩と肩シールド接続部、新造(真鍮線接続予定)
  • 肩スパイク、小型化、トゲパーツ新造
  • 二の腕のライン変更(調整中)
  • 腕関節部、プラ材にてボリューム、ディテールアップ
  • 前腕部パテにて筋肉質に形状変更
  • 肘アーマー小型化(調整中)
  • 太もも更にボリュームアップ
  • スリッパのアンクルアーマーの切断、角度調整、幅詰め

以上。書いてみると結構細かい所まで弄った内容覚えているもんですね。前回の残工作が全く当てになっていないので、自分でも半信半疑ですが、予定している残作業は…

  • ランドセル加工
  • 腕周り整形
  • スリッパ整形
  • 各部ディテール調整
  • マシンガン、バズーカ

一応終わりは見えつつあるのです…

それでは皆様も楽しい模型ライフを!

HGUC ザクⅡ #01

塗装の練習台?

よく出来た”ザク”ではあるが、好きなザクには少し遠い

削り込みで頭の小型化

首を新造

股関節の構造を調整

10年ぶりに模型を再開して作っていたオリジンザクⅡの制作が進むにつれて、「工作は上手くいっているのに、塗装をして失敗してしまったらどうしよう…」という不安が出てきたので、塗装の練習として家にあった当時の遺産として家にあった素組み済みのHGUCのザクⅡの制作を始めました。

練習なので素組みのままサッと塗っても良かったのですが、あまりにも元キットのスタイルが好みでは無かった為、加工することにしました。

当初は最低限の工作で済ませようと思っていたのですが、結局それなりに弄ってしまいました。 以下現状の工作内容です。

  • ヘッドパーツ モノアイスリットを狭く加工
  • ヘッドパーツ 頭頂部をポリパテ裏打ちにより削り混み(頭の小型化)
  • 首関節の新造。それに伴い胴体、ヘッドパーツの接続方法変更。
  • 肩関節フレーム新造。キットに比べ1mm〜2mmほど接続軸が上に
  • 胴体と腰を1度切断後、腰に角度が入るように再接続。結果腰部2mmほど延長
  • スカート部を2mm程度延長。延長に伴い多少パテで形状変更
  • 太モモパーツの接続。股中央からのBJ接続廃止。腰上部から太モモの接続軸を新造し好みで太ももの生え方?のライン変更。
  • 太ももを両サイドで2ミリ程度ずつプラ板、パテを使用してボリューム付け
  • 太ももを中央部から3mm延長
  • スネとスリッパ接続の軸調整。2mm程度伸びる

これからの工作として、肩スパイクアーマの小型化、肩シールドアーマーの接続位置調整、ふんどし部の加工、スリッパの加工を考えております。ちなみに、可動範囲に関しては腕のロールを殺してしまっていたりと、ほぼ素立モデルとなりそうです。

正直早く塗ってしまいたいです(笑)

それでは皆様も楽しい模型ライフを!